Travel Japlish Vol.1(2000〜2004年)

海外一人旅が好きで、バッグ職人になってからは、旅行用のバッグや財布も自分で作る、という楽しみも増えて旅行を楽しんでいます。

2000年からの10年間は入国審査後に「さてこれからどこへ行こう!」とスケジュールやホテルが決まっていない無鉄砲な旅行を楽しんだ期間でした。

撮影スタイルも現在とは異なり、1960年代製のオリンパスのPENというフィルムのハーフカメラで撮影することを楽しんでいました。

ズームも無く、枚数が限られ、フィルムも限られ、取り直しが出来ず、と不自由なことも多いですが、コンセント形状を気にする必要がなく、どんな写真になったか帰国後の現像まで楽しむ、というスタイルがしっくりきました。

「20代だから出来た旅行で今だときついな、意外と出来るかな」と思い出すことが多い旅行が多いです。

そんな旅の思い出を切り取ったフィルム写真とともに振り返っていくページを作りました。

記念すべきVol.1は、2000年〜2004年にまわった国々です。


2000年 ベトナム

レザークラフトを初めて約半年後、前からしたかった海外1人旅が実現しました。

海外1人旅の第一弾をベトナムに決めたのはご飯が美味しそうなのと、ベトナム戦争のジャーナリストの近藤紘一の著書が好きだったからです。

「ベトナムはタイに比べて気合が必要」と聞いてはいましたが、したたかな人が多く、だまされたりもしましたが、最初がベトナムだったので、その後の海外1人旅で物おじしなくなりました。

またこの旅行ではいつものカメラに加え、直前に買ったHOLGAでの撮影も楽しみました。

旅行バッグはkarrimor.のリュック。リュックは暑い、と実感しました。

マジェティックホテルの美容室

旅行へ行くと髪を切りたくなるのですが、ここは有名なマジェティックホテルの美容室。

ドンコイ通り近くのホーチミン像

ドンコイ通り近くのホーチミン像。

ホーチミンの飲食店にいたネコ

ホーチミンの飲食店にいたネコ。

メコン川クルーズで一緒になった女性グループ

メコン川クルーズで一緒になった女性グループ。

ハノイのフォー屋台で同席したスウェーデンから来た親子

ハノイのフォー屋台で同席したスウェーデンから来た親子。

ハノイの夜を散歩中に出会ったダルメシアン

ハノイの夜を散歩中に出会ったダルメシアン。

ハロン湾クルーズの途中で見たボートハウス

ハロン湾クルーズの途中で見たボートハウス。

世界遺産ハロン湾は水墨画のように見える時もありました

世界遺産ハロン湾。水墨画のように見える時もありました。

ベトナム国旗の配色でイカリ刺繍をした商品


2002年 アメリカ

レザークラフトを独学ですると、たいていの人が通る「ネイティブアメリカンの革製品」が好きになりました。

「どうせなら本当のネイティブアメリカンに会いたい」とアメリカ旅行を決意。

ただ、日本でもあまり運転しないのに、大胆にもレンタカーでの移動を選びました。

3週間もあるとだらけてしまいそうなので、かなりスケジュールは細かく作成。

カリフォルニア→国境のメキシコの街ティファナ→アリゾナ、ニューメキシコ、ネバダ、ユタと回りました。

3週間で7000キロ、と運転ばかりしていた旅でしたが非常に思い出深い旅となりました。

旅行バッグは最初で最後のスーツケース。帰国の飛行機内で壊れてしまいました。

空へ続くようなハイウェイが何度もあったのが車旅の醍醐味でした

空へ続くようなハイウェイが何度もあったのが車旅の醍醐味でした。

車旅といったらRoute66でしょう!気分爽快でした。

車旅といったらRoute66でしょう!気分爽快でした。

アコマスカイシティ、という空にかなり近い町

アコマスカイシティ、という空にかなり近い町。

ニューメキシコのギャラップは行きたかった街。しかもフェス開催してました。

ニューメキシコのギャラップは行きたかった街。しかもフェス開催してました。

衣装に着替えた女の子たち。似合っててかわいい!

衣装に着替えた女の子たち。似合っててかわいい!

世界遺産のタオスプエブロ。現在イベントのディスプレイで使っているお皿はここで購入したもの

世界遺産のタオスプエブロ。現在イベントのディスプレイで使っているお皿はここで購入したもの。

グランドキャニオンは展望スポットなど整備されすぎなのが玉にキズ

グランドキャニオンは展望スポットなど整備されすぎなのが玉にキズ。

ラスベガスは派手すぎるのがむしろ楽しい!車だと荒野の中に急に街が現れるのがGOOD

ラスベガスは派手すぎるのがむしろ楽しい!車だと荒野の中に急に街が現れるのがGOOD

CMなどでも見るモミュメントバレー。幻想的でワイルドな荒道でした。

CMなどでも見るモミュメントバレー。幻想的でワイルドな荒道でした。

「NEON」というレンタカーを借りました。左ハンドルに慣れるのは難しいですね

「NEON」というレンタカーを借りました。左ハンドルに慣れるのは難しいですね。

アメリカ国旗の配色でイカリ刺繍をした商品たち


2003年 トルコ

ヨーロッパ初体験の国、トルコは非常に素晴らしい旅行になりました。

初日に経由地のモスクワ空港でデジカメが壊れてしまい、急遽フィルムカメラを購入。

深夜についたイスタンブールの街の石畳の街並みがイメージしていたヨーロッパと一致しテンションも上がり寝付けなかったのを覚えています。

「親日国」と聞いていた通り、フレンドリーに接してくる人たちが多く、スポーツバーでおごってもらったり、イスタンブールに修学旅行に来ていた高校生たちに「一緒にゴハン食べよう」と声をかけられ、学校で貸し切っているレストランで高校生に囲まれランチまでしてしまうほどにフレンドリー。

前年のWカップで日本がトルコに敗れたことで、更に親日度が増していた時期でもありました。

「あの時は悪かったな」とウミト・ダバラ選手のヘディングをまねて謝れることが何度もありました(笑)

バッグは自作とウエストバッグなど。

アジアとヨーロッパの境にあるボスポラス海峡。これは新市街の街並み

アジアとヨーロッパの境にあるボスポラス海峡。これは新市街の街並み。

有名なガラタ橋でファミリーと撮影

有名なガラタ橋でファミリーと撮影。

フェリー乗り場のエミュノミュ付近。写真はアイスだけどサバサンドが有名

フェリー乗り場のエミュノミュ付近。写真はアイスだけどサバサンドが有名。

フェリーに乗ってアジアサイドへ。

フェリーに乗ってアジアサイドへ。

街ごと世界遺産「サフランボル」全旅行の中でもトップ3の良い場所でした

街ごと世界遺産「サフランボル」全旅行の中でもトップ3の良い場所でした。

サフランボルのハマム(銭湯)へ行く途中の家の2階から手をふられてパチリ

サフランボルのハマム(銭湯)へ行く途中の家の2階から手をふられてパチリ。

ナザールボンジュなどを扱うアクセサリー屋さん。おじさんとは言葉が通じないのに40分ほど話しました

ナザールボンジュなどを扱うアクセサリー屋さん。おじさんとは言葉が通じないのに40分ほど話しました。

カッパドキアでは気球に乗ることはなかったですが、「よく写真とって」とみんなに声かけられました

カッパドキアでは気球に乗ることはなかったですが、「よく写真とって」とみんなに声かけられました。

カッパドキアでのツアーに現地で参加

カッパドキアでのツアーに現地で参加。

専門学生たちに「お祭りに行かないか」と声をかけられて移動中。

専門学生たちに「お祭りに行かないか」と声をかけられて移動中。


2004年 インド

「一度行くとはまるか、もう行きたくない、で分かれるので有名なインドという国」

夏休み直前に旅行会社で「今からチケット取れるアジアの国だと。。。モンゴルかインドですね」と言われて行きました。

前回のアメリカの対極で、スケジュールは決めずガイドブックも持っていかないという旅の方法にしました。

本当に路上に牛やヤギがいっぱいいて、ホテルのベランダに猿が来たりと飽きない旅でした。

ちなみにまた行きたいとも行きたくないとも思わなかったのですが、9年後にまた行きました。

オールドデリーにて。この近くで亀の甲羅を使った仮面をおみやげに買いました。

オールドデリーにて。この近くで亀の甲羅を使った仮面をおみやげに買いました。

バラナシのガンジス川の近くの橋。ガンジス川は汚いけど泳ぎました!その後に髪切りました。

バラナシのガンジス川の近くの橋。ガンジス川は汚いけど泳ぎました!その後に髪切りました。

タージマハールは周りの庭にリスや猿がいたのが印象的

タージマハールは周りの庭にリスや猿がいたのが印象的。


2004年 イタリア&イギリス

「レザー製品づくりが仕事だから革の本場にいかないと!」とイタリアへ。

しかし、クレジットカードを家に忘れてしまい、1日1.5食の貧乏旅行になってしまいました。

行った人の大半がそうだと思いますが、街と人がイメージと違う国でした。

ちなみに帰国するのにロンドンで1泊するのですが、イタリアで節約した分、ロンドンでは蚤の市を満喫し、ロンドンの街並みも楽しみました。

ミラノの路地にて。年末に行き雪が積もり、かなり寒かった

ミラノの路地にて。年末に行き雪が積もり、かなり寒かった。

フィレンツェのベッキオ橋にて。近くのイルビゾンテ本店で創始者のワニーがいたのが嬉しかった!

フィレンツェのベッキオ橋にて。近くのイルビゾンテ本店で創始者のワニーがいたのが嬉しかった!

ナポリを見て死ね、とよく聞くのでナポリへ。写真は「卵城」

ナポリを見て死ね、とよく聞くのでナポリへ。写真は「卵城」

イギリスは地下鉄も何もかも良かった!ぜひまた行きたい国です

イギリスは地下鉄も何もかも良かった!ぜひまた行きたい国です。

イタリア、イギリス国旗の配色でイカリ刺繍をした商品たち

Travel Japlish Vol.2 近日公開予定

商品検索





ショップ情報

JAPLISH直営アトリエショップ

JAPLISH直営アトリエショップ

〒810-0075
福岡県福岡市中央区港2-9-15
Tel : 092-400-3522
営業時間:12:00〜18:30
定休日:月・火・水 (不定休日あり)

アトリエショップについて詳しく見る

アトリエショップ カレンダー

2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

OPEN12〜18:30
定休:月火水(祝日は営業)
イベント等で不定休日あり

JAPLISH公式インスタグラム

お買い物ガイド

お支払い方法
  • クレジット (Visa, Master,Jcb等)
  • コンビニ決済 ※セブンイレブン以外のコンビニが可能
    商品代金・送料に加え、コンビニ決済手数料¥216を頂くことになります。

    ご注文から未入金期間が10日続きますとキャンセルとなってしまいますがご了承くださいませ。


    セブンイレブンは未対応となります。
  • 銀行振込
    ご注文から未入金期間が10日続きますとキャンセルとなってしまいます。ご了承くださいませ。
  • 商品代引き(配送方法が佐川急便の時に可能です)
    代引きは佐川急便のみとなります。
お支払いについての詳細はこちら
配送について
  • 佐川¥648  ※¥10800以上で無料
    【日時指定のご案内】
    配達時間は以下の5種ございます。
    希望の時間帯がございましたら備考欄にご記入ください
    午前中、12-14時、14-16時、16-18時、18-21時
    (お住まいにより時間指定ができないことがございます)


    お届け日のご指定は2週間後など余裕を持ったお日にちをお選びくださいませ。

    【配達日数の参考】
    九州、中国地方、関西へは1日で配達
    関東、四国、東北等へは2日で配達
    北海道、沖縄へは3日以上配達にかかります。

     ※天候や連休前後などは上記より日数がかかることがございます

  • ポスト投函¥0ゆうメール (追跡・補償無)
    【無料ゆうメールについてのご注意】

    ,渡しはポストへの投函となります。
    日時指定や追跡・補償機能がございません。
    F祝の配達はございません。
    い瓦たまに配達日数が6日〜かかることがあります
    ゥ櫂好氾衄,箸覆蠅泙垢里妊丱奪阿覆病腓いアイテムは不可となります。
    以上のことをあらかじめご了承ください。

    追跡や保証機能がついた佐川急便¥648もございます。

送料・配送についての詳細はこちら
不良品・返品について

商品到着後速やかにご連絡ください。商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。

不良品・返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
  • ■ お問い合わせの際はこちらまでご連絡下さい
  • TEL: 092-400-3522
  • MAIL: japlish@bl.main.jp