Travel Japlish Vol.2(2007〜2009年)

Travel Japlish Vol.2(2007〜2009年)

海外一人旅が好きで、バッグ職人になってからは、旅行用のバッグや財布も自分で作る、という楽しみも増えて旅行を楽しんでいます。

2000年からの10年間は入国審査後に「さてこれからどこへ行こう!」とスケジュールやホテルが決まっていない無鉄砲な旅行を楽しんだ期間でした。

撮影スタイルも現在とは異なり、1960年代製のオリンパスのPENというフィルムのハーフカメラで撮影することを楽しんでいました。

ズームも無く、枚数が限られ、フィルムも限られ、取り直しが出来ず、と不自由なことも多いですが、コンセント形状を気にする必要がなく、どんな写真になったか帰国後の現像まで楽しむ、というスタイルがしっくりきました。

「20代だから出来た旅行で今だときついな、意外と出来るかな」と思い出すことが多い旅行が多いです。

そんな旅の思い出を切り取ったフィルム写真とともに振り返っていくページを作りました。

Vol.2となる今回は、2007年〜2009年にまわった国々です。


2007年 チュニジア

図書館で借りてきた「チュニジアンドア」という本を見て行きたくなったチュニジアは、初のアフリカ大陸への旅行でもありました。

首都のチュニス→砂漠の街ドゥーズ→サハラ砂漠で年明け→チュニス→経由地のフランスへという工程の旅行。一番のハイライトはラクダに乗って行くサハラ砂漠でした。

ただ、サハラ近くへの深夜バス乗車中、天井のガラス窓が外れて後方に落ち、ずっと雨が降り込み、ずぶ濡れになって寝れないというトラブルもありましたが、砂漠の良い思い出にはなりました。

しかし1番印象に残ったのは、チュニスの北の街「シディブサイド」。街並みも地中海の風景も最高!でした

旅行バッグはキャンバス×革で作ったメッセンジャーバッグでした。

サハラ砂漠へはラクダに乗っていきます

サハラ砂漠へはラクダに乗っていきます。1時間半ですが15分でお尻が痛くなりました。

「シディブサイド」の地中海が望める高台は「素晴らしい」の一言です。

「シディブサイド」の地中海が望める高台は「素晴らしい」の一言です。

チニュジアンドアはいくつもありましたが、お気に入りの写真はこちら

チニュジアンドアはいくつもありましたが、お気に入りの写真はこちら。


2008年 フランス

チュニジアで年越しをしてから経由地のフランスへ。

パリだけの滞在でしたが、やはりヨーロッパ!「海外へ来てるんだなあ」という実感が湧きます。

華やかなイメージ通りと、意外と雑多で汚い街並みもあり、それが混在しているのが素敵な街でした。

意外と歩けるパリの街。凱旋門やエッフェル塔など歩いて行けました

意外と歩けるパリの街。凱旋門やエッフェル塔など歩いて行けました。

パリの夕暮れの街並み。だったような気がする写真です

パリの夕暮れの街並み。だったような気がする写真です。

マレ地区で撮った「パリジェンヌと石畳がいかにもパリ!」な1枚

マレ地区で撮った「パリジェンヌと石畳がいかにもパリ!」な1枚。

フランス国旗の配色でイカリ刺繍をした商品たち


2009年 ポルトガル

HERZを退社して「行くなら今でしょ!」と3週間のヨーロッパ旅行へ。

フランス→ポルトガル→スペイン→チェコ→ドイツという工程でした。

初日にiPodを無くして落ち込んでいたため、フランスの写真がありません。よって写真はポルトガルからになります。

今回は日本への往復チケット以外は直前にネットで自分で予約したので、自由度が増した旅スタイルでした。

バッグは制作に1か月かかった布×革の大型リュック。

大きすぎてその後使う機会がありませんでしたが、2017年のハネムーンはこのリュックで行きました。

路面電車が走る坂道の街リスボン。1番ヨーロッパを感じた街です。これはお城近くでの夕暮れ

路面電車が走る坂道の街リスボン。1番ヨーロッパを感じた街です。これはお城近くでの夕暮れ。

ポルトガル文化センターで三島由紀夫展が開催される、とのこと

ポルトガル文化センターで三島由紀夫展が開催される、とのこと。

蚤の市があった公園での一枚。なんか好きな写真です

蚤の市があった公園での一枚。なんか好きな写真です。

ポルトガル国旗の配色でイカリ刺繍をした商品たち


2009年 スペイン

スペインはバルセロナへ。

サグラダファミリアやピカソなどを満喫しましたが、単純に街並みがよく、坂も少なく散歩に最適でした。

バルなどでの料理も美味しくて満喫しました。名残惜しく夜に空港へのバスへ乗ったのですが、国内便空港行きのバスでした。。。

ということで予約していたウィーン行の便に乗ることが出来ず。

その日は「もう1度泊めてくれ」とホテルに戻り、ネットでチケット検索に励みました。

ブケリア市場のフルーツ売り場にて

ブケリア市場のフルーツ売り場にて。

朝の散歩で港へ行ったときの一枚

朝の散歩で港へ行ったときの一枚。

夕方に撮影した犬。普通の撮影のつもりが現像したら逆光が良い感じ。

夕方に撮影した犬。普通の撮影のつもりが現像したら逆光が良い感じ。

スペイン国旗の配色でイカリ刺繍をした商品たち


2009年 チェコ

「ウィーンは今回じゃないんだな」と思い込むことにして、予定になかったチェコのプラハへ行きました。

スペインから気温が15度ぐらい下がり凍えてはいましたが、素晴らしい国でした。

「こじんまりとしたクラシックコンサートに行きたい」という夢もプラハでかないました。

プラハ城にて。スペインではTシャツだったのにチェコは雪でした

プラハ城にて。スペインではTシャツだったのにチェコは雪でした。

「骸骨教会」として有名なセドレツ納骨堂にて

「骸骨教会」として有名なセドレツ納骨堂にて。

かなり有名なのになぜか他に客がいなかったので満喫8割。2割は怖い

かなり有名なのになぜか他に客がいなかったので満喫8割。2割は怖い。

グループ3組ぐらいで歩いている1枚はお気に入り

グループ3組ぐらいで歩いている1枚はお気に入り。


2009年 ドイツ

プラハではベルリンのホテルを予約してから、電車でドイツへ行きました。

ベルリンは在住に日本人が多く、観光も良いけど「住みたい街」でした。

帰国するために空港があるミュンヘンへ行きましたが、風邪気味のため最後はグロッキー状態でした。

3週間の旅行スケジュールを直前に決めていく旅行スタイルは、今後なかなかしたくても出来ないので、実行して良かったです。

石畳と子供はヨーロッパ鉄板の写真かもしれませんね

石畳と子供はヨーロッパ鉄板の写真かもしれませんね。

ベルリンの電車SバーンのB線にて

ベルリンの電車SバーンのB線にて。

博物館でのこの風景はよく覚えています。展示品は覚えていませんが

博物館でのこの風景はよく覚えています。展示品は覚えていませんが。

ミュンヘンの広場の風景

ミュンヘンの広場の風景。

ドイツ国旗の配色でイカリ刺繍をした商品たち

Travel Japlish Vol.3 へと続く

製品の種類・品番から探す





福岡の直営ショップについて

JAPLISH直営アトリエショップ

JAPLISH直営アトリエショップ

〒810-0075
福岡県福岡市中央区港2-9-15
Tel : 092-400-3522
営業時間:12:00〜18:30
定休日:月・火・水 (不定休日あり)

直営ショップの詳細→

直営店の営業日カレンダー

2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

open:12:00〜18:30
定休:月火水(祝日は営業)
イベント等で不定休に休むことがあります
また定休日の月火水は制作作業をしています。
月火水しか来店できない場合はご連絡ください

JAPLISH公式インスタグラム

お買い物ガイド

お支払い方法
  • .レジットカード決済(Visa, Master,Jcb等)
  • ▲灰鵐咼坊荳僉、┘札屮鵐ぅ譽屮鵑鷲垈
     コンビニ決済手数料¥216がかかります。
     未決済が10日続きますとキャンセル扱いとなります。
     セブンイレブンは未対応となります。
  • 6箙垳座へお振込み
    当アトリエのジャパンネット銀行口座にお振込みくださいませ。
    未入金が10日続きますとキャンセル扱いとなります。
  • ぞι並絨き決済(佐川急便での配送時のみ可能)
    代引きでの発送は佐川急便のみ可能となり、
    ゆうメールでの配送時はご選択出来ません。
    またお買上げ金額により手数料が変動いたします。
→お支払いについての詳細はここをクリック←
配送について
  • 〜料¥648佐川急便  ※¥10800以上お買上げで無料
     追跡機能・・有 補償機能・・有 日時指定機能・・有
     配達日時指定は発送スケジュールをお伝えする際にお尋ねいたします。
     なおご指定不可の地域もございますがご了承ください。
  • ▲櫂好氾衄 0ゆうメール (追跡・補償無)
    【無料ゆうメールについてのご注意】

     ・お渡しはポストへの投函です。
     ・日祝日のお届けがございません。
     ・日時指定・追跡・補償機能がございません。
     ・ポストに入らない場合は郵便局に持ち帰りとなります。
      その際はお客様が郵便局に取りに行くことになりますので、
      ご不安な場合は有料の佐川急便をお選びください。
→送料・配送についての詳細はここをクリック←
不良品・返品について

商品到着後速やかにご連絡ください。商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。

→不良品・返品についての詳細はここをクリック←
お問い合わせ
  • ■ お問い合わせの際はこちらまでご連絡下さい
  • TEL: 092-400-3522
  • MAIL: ateliershop@japlish.jp