テンプレート


ソフトレザーで明るい色味の『Japlish』、ハードレザーでシックで落ち着いた雰囲気の『Martillo)』。ともに性別年齢を問わずお使い頂ける2つのブランドラインを展開しています。

japlish(ジャプリッシュ)1
japlish(ジャプリッシュ)2
japlish(ジャプリッシュ)3
japlish(ジャプリッシュ)4
japlish(ジャプリッシュ)5
japlish(ジャプリッシュ)6
 
 
 

Japlish・・・国産のソフトレザーを中心とした明るく最初からすぐ馴染みやすい質感のラインラップ

Japlish=”Japanease English”を意味する英単語

Japlishとは「和製英語」「外国で日本人が必死で伝える英語」という単語です。旅が大好きな作り手が下手な英語でも楽しく外国でコミュニケーションをしている自身にピッタリ、と命名したブランドです

日本でなめした使い始めから手になじむ『5色のソフトな牛革』をメイン素材とし、イカリや国旗の刺繍を手縫いで施すことで、愛着が湧くようなデザインに仕上げました。
全製品の8割を占めるブランドラインなのでふっくらとしたアイテムだけでなく、カッチリとしたアイテムも豊富な人を選ばないブランドラインです。


Japlishで使用している5色の革と11色の糸について

『キャメル、チョコ、グリーン、レッド、ブラック』と多彩な革色の展開。それに合わせたカラフルな糸が特徴です。

革は2種類あり、多くのアイテムのメイン素材はソフトな「バローロ」という革を使用しています。

また、ショルダー部分やいくつかのアイテムではメイン素材として「TP」という革を使用しており、パーツにより使い分けています

どちらも耐久、保湿、通気性に優れたタンニン×クロームのコンビなめしの牛革となり、厚みは1.3ミリ、1.8ミリ、2.2ミリ、3ミリ、とパーツごとに使い分けることで耐久性と使いやすさを両立させています。

※一部のアイテムの内側ポケット等には上記とは異なる色の薄い革を使用しています

革と糸色見本

【ソフトレザー「バローロ」の各色について】

キャメル(ca)・・・1番革らしく経年変化を楽しめる色

チョコ(ch)・・・明るいキャメルに比べ最初から馴染みやすい焦げ茶色

グリーン(gr)・・・深く落ち着いた濃いめの緑色

レッド(rd)・・・明るすぎないのでバッグにもオススメの色

ブラック(bk)・・・汚れにくく長くお使いやすい革色

※ハードレザーのTP革はソフト革に比べ明るめの発色となります


ブランドのアイコンのイカリと国旗の刺繍について

Japlishの特徴として手縫いによる【イカリ】と【国旗】がございます

極太の5番糸を工業用ミシンを使い頑丈に仕上げる一方、温かみを感じるような「手縫い」をほぼ全てのアイテムに施しています。

イカリや国旗をモチーフにして複数の色の糸で手縫いしております

【イカリ】・・・数万トンの船をつなぐ役割でヨーロッパで【希望】の象徴とされています。

【国旗】・・・旅が大好きな作り手が旅をイメージしたモチーフです。

ミシン糸と刺繍の糸が無料で11色から変更できる『簡単セミオーダーシステム』もオススメしております


Martillo・・・「Life Leather Style」をテーマに、オイルレザーと型押レザーの2パターンのブランドライン

Martillo(マルティロ)1
japlish(ジャプリッシュ)2
japlish(ジャプリッシュ)3
japlish(ジャプリッシュ)4
japlish(ジャプリッシュ)5
japlish(ジャプリッシュ)6
 
 
 
「ビジネスの舞台やプライベートの暮らしで遊び心を忘れない」

そんな魅力的な方の為の日用品として革製品を作ることで”fresca”(新鮮)なライフスタイルを提案したいと思い、2014年にもう1つのブランドラインMartilloを立ち上げました。

「Life Leather Style」をテーマに掲げ、オンオフ問わず革の持つ良さを感じて頂ければ、と思います

Martilloの中に更に「オイルレザー」と「型押エンボスレザー」と2つのラインがあり、それおぞれ程よい硬さのハードな国産の牛革を使用しています

別注のアンティークシルバー金具を使うことで、Japlishよりシックな雰囲気、なおかつシンプル過ぎないデザインで男女ともにオススメ出来るアイテムが揃います。

Martillo(マルティロ)はイタリア語で《ハンマー》を意味します

ハンマーは紀元前に人間が発明した最初の工具のひとつで常に身近にある道具であり、 アトリエでもハンマーを使わない日はございません。

そんな毎日使う道具のような”Life Leather Style”を提供したいと思い命名し、アイコンである手縫い刺繍も『ハンマーモチーフの刺繍』にいたしました。


Martilloには革が異なる更に2種類のラインがございます

1. Oiled(落ち着いたツヤとハリのある4色のオイルレザーのライン)

落ち着いたツヤとハリのあるオイルレザー

北米産の上質な原皮、イタリアから取り寄せたオイル、 ワックス (牛脂、魚油、ラノリン等の配合物) を使用し、日本でなめし完成いたしました。

染料のみで色付けした革は透明感があり、 革本来の表情が全面に出た飽きの来ない雰囲気が特徴です。

植物タンニンで鞣し、 オイルを多く含んだ素材で経年変化も楽しめ、しなやかでありながら適度な張りも保持しております。

また最初はケアオイルを弾くほどオイルを豊富に含んでいるためアフターケアが少なめで良いのも特徴です。

【Oiledレザーの4色について】

ブラウン(br)・・・キャメルとチョコの中間となる上品なブラウンカラー

ネイビー(nv)・・・青みを抑えた黒に近い落ち着いた革色

オリーブ(ob)・・・あせた雰囲気がシックな育てていきたい革

ワイン(wn)・・・茶色よりの紫のためイメージよりも合わせやすい色

Oiledラインのミシン糸と手縫いハンマー刺繍について

4色の革全てに対してフィットして高級感のある【金色糸】が標準仕様となります。

アイコンのハンマー刺繍は茶色×灰色の落ち着いた糸色を使うことで、目立ちすぎないワンポイントとしています

ミシン糸と刺繍の糸が無料で11色から変更できる『簡単セミオーダーシステム』もオススメです

2. Tesoro(エンボス&Wなめし加工の3色の型押レザーのライン)

エンボス&Wなめし加工レザー

上質な国産革になめし加工を2回行い、宝石(tesoro)のような不思議な透明感と奥行きのある表情が誕生。

エンボス加工を施すことで奥行きと耐久性も加わり、伸縮性も備えております。

エンボス&Wなめし加工レザーの革色見本

【Tesoroレザーの3色について】

ブラウン(br)・・・キャメルより少し落ち着いた経年変化を楽しみやすい革

ネイビー(nv)・・・かなり黒に近い落ち着いた革色

グリーン(gr)・・・青と緑の中間のようなシックな革

Tesoroラインのミシン糸と手縫いハンマー刺繍について

ミシン糸は『ブラウン革=金色糸、ネイビー革=黒糸、グリーン革=茶糸』とそれぞれ標準の配色をご用意しています。

アイコンのハンマー刺繍は茶色×灰色の落ち着いた糸色を使うことで、目立ちすぎないワンポイントとしています

ミシン糸と刺繍の糸が無料で11色から変更できる『簡単セミオーダーシステム』もオススメです

Martillo専用に別注したアンティークシルバー色金具

性別や年齢を問わず、明るすぎず暗すぎない金具を求め、「輝きを抑えた品のある銀色の金具」を別注で作りました。

国産の金具のため、修理の際も迅速に対応が出来ます。

別注のアンティークシルバー調金具

ファスナーはYKK製でこちらもアンティークシルバー色、引手部分にはハンマーアイコンを彫ったオリジナルスライダー金具を採用しています。

Japlish、Martilloともに国産の牛革を使用しております。ぜひ革の持つ温かみと経年変化をお楽しみください

このページ先頭へ戻る